2013年2月アーカイブ

MGプロジェクトから発信された大きな成果のひとつが、以下の肝臓線維化マーカー(糖鎖マーカー)の話です。

A new paper has just come out from a group of AIST, Dr. Kuno and Dr. Narimatsu et al.

A serum "sweet-doughnut" protein facilitates fibrosis evaluation and therapy assessment in patients with viral hepatitis

They developed a glycan-based immunoassay, FastLec-Hepa. FastLec-Hepa automatically detects unique fibrosis-related glyco-alteration in serum hyperglycosylated Mac-2 binding protein within 20 min. The serum FastLec-Hepa counts increased with advancing fibrosis and illustrated significant differences in medians between all fibrosis stages. FastLec-Hepa is sufficiently sensitive and quantitative to evaluate the effects of PEG-interferon-a/ribavirin therapy in a short post-therapeutic interval (Continued...........).

Have a fun!
Lectin Microarray is playing very important roles in this strategy.

これとは別に胆管癌のマーカーもMGプロジェクトの大きな成果のひとつでした。以下もご参考にどうぞ・・・・・!

Wisteria floribunda agglutinin-positive mucin 1 is a sensitive biliary marker for human cholangiocarcinoma

 

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。