A lectin-based glycomic approach to identify characteristic features of Xenopus embryogenesis

| コメント(0) | トラックバック(0)

糖鎖、何と深く発生と分化にかかわっているのでしょう・・・・

A new paper entitled "A lectin-based glycomic approach to identify characteristic features of Xenopus embryogenesis" has just published.
It is shown that lectin microarray is a good tool to characterize differentiation stages allowing glycan profiling of early embryos and such small biopsy specimens with high throughput.

The authors are Dr. Y. Onuma and Dr. M. Asahima et al. from AIST.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.glycotechnica.com/blog/mt-tb.cgi/9

コメントする

このブログ記事について

このページは、Adminが2013年3月 9日 12:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「A Great Review Paper on Lectin Microarrays」です。

次のブログ記事は「成人T-細胞白血病(Adult T-cell Leukemia)の糖鎖プロファイリング(Glycan Profiling Analysis)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。