A new paper using lectin microarrays for developing glycodiagnostic assays

| コメント(0) | トラックバック(0)

産総研のグループから糖鎖マーカーに着目したアッセイ系の構築について、新しい論文が出ました。この論文の中で、レクチンアレイを用いた方法論が肝疾患を例として詳しく書かれています。是非ご一読をお願い致します。

"Reconstruction of a robust glycodiagnostic agent supported by multiple lectin-assisted glycan profiling" Atsushi Kuno et. al., Proteomics - Clinical Applications, doi: 10.1002/prca.201300010


A new paper focusing on glycodiagnosis was published from a group in AIST. In this paper, an unique technical approach using lectin microarrays are written in detail highlighting hepatic disease as a good example. Please read it and have a fun.

"Reconstruction of a robust glycodiagnostic agent supported by multiple lectin-assisted glycan profiling" Atsushi Kuno et. al., Proteomics - Clinical Applications, doi: 10.1002/prca.201300010

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.glycotechnica.com/blog/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、Adminが2013年8月20日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Culture Media for Mesenchymal Stem Cells」です。

次のブログ記事は「Don't miss HUPO2013 Luncheon Seminar 10: Glyco-biomarkers and Lectin Microarray」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。