A low cost version of GlycoStation Reader series

| コメント(0) | トラックバック(0)

A new version of current GlycoStation Reader series will be released shortly with a moderate price.


NewGSR.jpg

Major differences between this one and GlycoStation Reader 1200 are:

(1) Resolution: 5um -> 15um

(2) Fluorescence color: Multi-colors -> Cy3 only.

However, the user interface was improved greatly, so that simple analysis could be done on the LCD panel.


The new model name is GlycoLite 2100.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.glycotechnica.com/blog/mt-tb.cgi/22

コメントする

このブログ記事について

このページは、Adminが2014年3月27日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「High-sensitive and Qualitative detection of weak biomolecular interactions with a non-destructive manner」です。

次のブログ記事は「本社機能を札幌から横浜へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。