2012/2/1

H産総研の久野先生、成松先生らのグループから新しい論文がでました。FastLec-Hepaと名付けられた糖鎖ベースのイムノアッセイです。 FastLec-Hepa は、血清中の90 K/Mac-2 binding protein (M2BP)を糖鎖マーカーとして、肝臓の線維化状態を高精度に短時間に検出するものであり、この開発にはレクチンマイクロアレイが大きな役割を果たしています