製品紹介

高感度・高速スキャナー
Glycostation2200

小型エントリーモデル
GlycoLite2200

45種7ウェル LecChip

解析ソフト ToolsPro

測定試薬 Probing Solution

間葉系幹細胞用培地  EC細胞用培地

iPS細胞用培地

製品オーダー・オーダーフォーム

糖鎖解析(糖鎖プロファイリング)製品概要

タンパク質の最も一般的な翻訳後修飾の一つに糖鎖修飾があります。実際、大多数のタンパク質には糖鎖が修飾されます。それによってフォールディング、ターゲッティング、リガンド認識、バインディング、安定性、免疫原性、生物活性に変化が起こり、タンパク質の機能が個々の目的に応じて調節されます。

癌、免疫疾患、感染症、再生医療といった4つの主な医療分野において、糖鎖は重要な役割を果たしています。例えば、糖タンパク質が有用な腫瘍マーカーになることはよく知られています。現在、実際の臨床応用で広く利用されているガンマーカーのおよそ半数は、糖鎖マーカーの一種なのです。また感染ウイルスの標的が細胞膜上のレセプター糖タンパク質であることもよく知られています。

これらのことから、複雑な糖鎖構造を迅速・簡便かつ高感度に測定する手法が望まれてきたことはお分かりいただけることでしょう。それにより、糖鎖にフォーカスしたより先進的なバイオマーカー探索、タンパク質製剤(抗体医薬品など)の糖鎖構造簡易モニタリング、iPS、ES、間葉系幹細胞(MSC)、そしてそれらの分化誘導細胞のキャラクタリゼーション、腸内細菌の糖鎖とプロバイオテクス等の開発が推進され、将来的に医療の向上につながると期待されます。GlycoStation™は、糖鎖プロファイリングにおけるGold Standard